坊守のつぶやき

2017.08.03  アナン

お寺の‘アナン’。娘が11歳の時にやって来ましたので、もう16歳。人間の歳でいうと85歳くらいなのでしょうか・・・ 

最近は寝ている時間が多くなりました。でも住職と散歩に行くと、まだしっかり歩きますし、食欲もあり、元気な方なのかもしれません。時々、歩いていると、壁にぶつかったり、がけにおちそうになったり、目も見えにくいのでしょう。

「おじいさんになったね~。痛かったり、しんどかったりするね~。だんだんお別れも近くなってきたね~。でも大丈夫じゃけんね・・・仏さんの国でまた会おうね!」と声をかけています。アナンは、何もわからず聞いているだけですが、その姿は多くのことを教えてくれます。

仏さまの命に近づき、導いてくれているかのようです。   南無阿弥陀仏

一覧に戻る≫