住職の部屋

2017.02.15  涅槃会(ねはんえ) お釈迦さまの亡くなられた日

 2月15日は、お釈迦さまが80歳で亡くなられた日とされています。

 この日を涅槃会(ねはんえ)と申します。 涅槃とは煩悩の火が消えた完全なさとりの境地という意味です。

 煩悩の元である肉体が終わりを迎え、お釈迦さまは涅槃に入られたいうことです。煩悩の滅した状態になられるので、「入滅」(にゅうめつ)とも表現されています。 お釈迦さまの最後のことばは「世は無常である。怠りなく励みなさい」であったと伝えられています。この言葉の通り、亡くなられる最期の瞬間まで、人びとを導かれたのがお釈迦さまです。

 涅槃図(涅槃図)  お弟子だけでなく、鳥や獣たちの一切衆生がお釈迦さまの死を悲しんでいる様子が描かれています

 

一覧に戻る≫