住職の部屋

2017.07.14  如来さまは、来てくださっている

 夏季法座にお参りしてくださった若婦人のMさん。月忌に参りの時、「先日のご法座では、「帰命無碍光如来」のお話でしたよね。この正信偈に出てるんですよね」と聖典を開きながら話してくださいました。「若いご講師さんで、わかり安くて丁寧にお話してくださって、とてもよかったです」と喜んでくださっていました。

 品秀寺のご講師様の中でも、二番目に若い山下瑞円先生です。「南無阿弥陀仏」は音訳であり、意訳では「帰命尽十方無碍光如来」です。〝いかなるものも碍わりとせず、私のところに来てくださっている如来さま〟ということです。このことをお話くださったのです。暑さの中でしたが、山下先生の爽やかなお取次ぎになりました。

一覧に戻る≫