住職の部屋

2017.12.08  12月8日は、お釈迦さまが覚りを開かれた日 成道会

 12月8日は、菩提樹の下で、お釈迦さまがお覚りを開かれたひと伝えられています。

 釈迦族の王子として誕生され、地位も名誉も、美しい妃に子どもにも恵まれたお釈迦さまが、人間の老病死の苦悩からの解脱をめざして29歳で出家、6年間励まれたの苦行を捨て、静かに瞑想し、世のありのままの真理に目覚め、絶対平和の境地に至られたのでした。

 苦悩を生きる人間と生まれた者が、さとりに至る仏と成る道が明らかとなったことから、成仏得道の略語として成道会と言われます。

そして、親鸞聖人によって明らかにされた仏道は、苦悩に沈む凡夫が、仏と成らせていただく道ということで、究極の仏道といわれています。

 

一覧に戻る≫