住職の部屋

2016.07.25  仏婦例会 黒田投手200勝

猛暑の中、例会にみなさんお参りしてくださいました。

「声に出して読みたい親鸞」は、「高原の陸地に蓮を生ぜず、卑湿の

汚泥に蓮華を生ず。これは凡夫、煩悩の泥のなかにありて、仏の

正覚(しょうがく)の華を生ずるに喩(たと)うるなり」のことばでした。

ちょうど二日前(23日)、黒田投手が200勝を達成しました。その時に

「耐雪梅花麗」と印刷されたTシャツを選手みんなが身につけてお祝いしまし

た。大リーグに行った黒田選手が、感動する言葉として、チームメイトに

紹介した言葉だそうです。 「苦しまずして栄光なし」との意味。

煩悩の泥の中にこそ、仏の覚りが見事に咲くのだという教えの言葉と

重なるようで、みなさんと味わいました。

一覧に戻る≫