坊守のつぶやき

2018.02.28  法座準備

28日(水)ご法座の準備のため、本郷地区の方が集まってくださいました。

普段はなかなか行き届かない扉のさんや、講堂のサッシの下など、いろいろ気づきできれいにしてくださいました。

本当にありがたいことです。

準備の後、講堂でお茶を飲みながら、いろんなお話をしました。とっても貴重な時間でした。

「難しいお経の話ばっかりよりは、こうやってみんながあーでもない、こーでもない。この頃はあーよ、こーよ!と話すことが大事なんよの・・・」なんて、笑い話の中にも、お寺での集いの、エッセンスを感じるお話になりました。

本当にそうだな~と思いました。

でも、難しいお経も、自分で勉強することはとてもとても間に合いませんが、お聴聞を重ねるうちに、いつの間にかところどころでも、あ~そういうことだったんだ・・・とうなづける身にさせていただくのも、何ともありがたく、もったいない思いなんですよね。

どうぞ一席でも、お参りくださいますように・・・

 

一覧に戻る≫