住職の部屋

2016.11.16  スーパームーン

スーパームーンの夜は、あいにくの天候でしたが、翌日はきれいな月夜となりました。

「月かげの いたらぬ里は なけれども ながむる人の 心にぞすむ」  親鸞聖人の師、浄土宗の法然聖人に詠まれた和歌が思われました。

月の光はすべてのものを照らしているが、眺める人でなければ、その美しさを観ることはできない。阿弥陀さまのお慈悲はどんな人にもそそがれている。その教えに遇うことの大切さを教えられる和歌です。

一覧に戻る≫